新着記事

2008年07月05日

ウィリアム・ウォレン「チャイニーズ ウィスパー」シリーズ

この「チャイニーズ ウィスパー」シリーズ、大プレートの柄はプレートのサイズよりだいぶ小さく、しかも中心からかなりズレていますし、小プレートの柄もはみ出しズレています。カップ&ソーサーも同様に何だか変です。



元々「ウィローパターン」は中国を起源とし、中国人の切ない恋物語が描かれているのですが、ヨーロッパに広く伝わるにつれ、様々な解釈(?)が加わり、描かれる絵と物語の内容が少しずつズレていったそうです。

この「中国文化伝承のズレ」にウィリアム・ウォレンはさらなる意図的な間違えを加えました。 この「意図的な間違え」が、今後どのような「伝承のズレ」を生み出していくのか楽しみです。


posted by Mark at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
astyle ANAショッピングサイト シャディ Gift&Shopping

ドミノ・ピザ

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。